今日のお買い物

100均セリアとダイソーのおすすめ商品、アラビア・イッタラ・マリメッコなど北欧食器やおうち時間の過ごし方について書いているブログです。

洋服を買わずに1カ月過ごしてわかったこと。

今年の秋冬はできるだけ洋服を買わずに過ごしてみようと決めて1カ月。

www.hanatooyatsu.com

はじめは少し心配でしたが、意外と大丈夫なことがわかりました。

 

今あるものだけで過ごしてみると、だんだんアイテムごとに必要な枚数がわかってきて。

秋冬なら最低これだけあればやっていけるんじゃないかなと思いました。

(これはあくまで私の感覚なので。人によって必要なアイテムや数は違うと思います。)

  • 厚手のシャツ 3
  • タートル(綿) 3
  • タートル(カシミヤ) 3
  • ベスト 2
  • セーター 3
  • 普段着るワンピース(綿) 3
  • お出かけ用ワンピース(化繊) 2
  • パンツ 3
  • スカート 2
  • カーディガン(薄手×2、厚手×2) 4
  • パーカー(薄手×2、厚手×2) 4
  • コート 2

 

実際はこんな感じです。

  • 厚手のシャツ 3
  • タートル(綿) 2
  • タートル(カシミヤ) 3
  • ベスト 3
  • セーター 7
  • 普段着るワンピース(綿) 15
  • お出かけ用ワンピース(化繊) 7
  • パンツ 3
  • スカート 12
  • カーディガン(薄手×5 厚手×3) 8
  • パーカー 4(薄手×2 厚手×2)
  • コート 3

今まで持っているものの数をきちんと把握しないまま買い物をしてきたので仕方ないんですが、アイテムごと数にめちゃくちゃ差があります。

ワンピースとスカートが多くなっている理由は、「欲しい」と思うタイミングでなかなか自分に似合うものが見つからないため、「これだ!」というものを見つけたときには同じものを数着揃えているからです。

ワンピースもスカートも全部気に入っているものなので手放す予定はないけれど、これだけあれば十分。

しばらく買い足さなくても大丈夫だとわかりました(*'▽')

洋服を買わずに1カ月過ごして変わったこと

新しい洋服を購入するとつい新しいものにばかりに目がいってしまいますが、この1カ月間新しい洋服を購入しなくなったことで、今あるものをどんな風に組み合わせて着ようかなと考えようになりました。

クローゼット全体を見るようになったので、端のほうにあった洋服も自然と着る機会が増えて。

普段は着ることがないため今回は持っている洋服の中にカウントしなかったジャケットやセレモニー用の洋服も、大事にしまったままでは旬が過ぎてしまうので着られそうな機会があったらどんどん着てみたいと思うようになりました。

 

必要最低限の洋服で暮らすメリット

今回自分の持っている洋服の数をはじめて把握してみて。

多くを持たず必要最低限の枚数で暮らしてみるのもいいなと感じました。

そうすることでクローゼットの中はスッキリするし、洋服のデザインが旬のうちにどんどん着てあげることもできますもんね(#^.^#)

数を多く揃えない分、1着1着に予算をかけてあげられるような気もして。

ただ、少ない枚数で生活するとどうしても洋服の傷みは早くなるので、買い替えるスピードはちょっと早くなるかもしれません。

 

気に入った洋服は何着も揃えたくなる私がどこまで数を減らせるのかわかりませんが、しばらくはこのまま新しいものを買い足さずに今ある洋服を1着1着大事に着ていって、自然に理想の数まで減らしていけたらいいなと思っています。

綿のタートルが今2枚しかないので本当はもう一枚欲しいところですが、もうちょっと寒くなるとカシミヤのタートルばかり着るようになるので。

今年はこのまま乗り切ってみようと思います(*'▽')

スポンサーリンク

   

カシミヤのタートルネックは毎年ユニクロで1枚ずつ買い足しています。

このとき購入したものは今年で3年目。

1枚着るたびに最低2日は休ませるようにして3枚をローテーションで着ているので、まだまだきれいに着られそうです。

一度に全部買い直すのは大変なので毎年1枚ずつ買って、傷んだものから手放すようにしています。

www.hanatooyatsu.com

もしかしたら物を持ちすぎているかも…と感じたときに読みたくなる本です。

www.hanatooyatsu.com

スポンサードリンク