セリアとダイソー ~100均おすすめの雑貨・収納・インテリア~

セリアにダイソーなど、100円ショップには収納やインテリアにおすすめの商品や人気の商品、かわいい食器・雑貨がたくさんあります。そんな素敵な100円ショップの商品を紹介します。

セリアのトレーに合わせてランチョンマットを作ってみた

以前紹介した、セリアの天ぷらバット。

f:id:nekotohina:20170215113949j:plain

天ぷらバットとしてだけではなく、 トレーとしてもぴったりだという話をしました。

www.hanatooyatsu.com

 

こんな感じで使っています 

ステンレスのシンプルなトレー(天ぷらバット)なので、こんな風に何も敷かずに使ってもいいですが

f:id:nekotohina:20170107152959j:plain

 

その日の気分でペーパーナプキンを敷いてみるのもおすすめです。

f:id:nekotohina:20170209100451j:plain

 

同じトレーなのに、使う食器や下に敷くものによってかなり雰囲気が変わります。

f:id:nekotohina:20170124143340j:plain

www.100yen.hanatooyatsu.com

 

自分でランチョンマットを作ってみた

これまで紹介してきたトレーの中でも、乗せる食器を選ばない点では一番使いやすいこのトレー。

このトレーに合ったサイズで、ランチョンマットを作ってみることにしました。

 

スポンサードリンク

 

 

ランチョンマットの作り方

  1. まず好みの布を用意して、縦17×横25cmの長方形の形に切ります。
  2. 同じものを2枚(リバーシブルにしたい場合は、違う布を同じサイズで1枚ずつ)用意して、中表にして合わせます。
  3. 中表にした布のまわりを、縫い代を取りながらミシンで縫っていきます。
  4. 全て縫ってしまわずに、4つの辺のどこかに一か所、布を表に返すための場所をあけておきます。
  5. 布を表に返したらきれいにアイロンをかけ、ミシンで縫わなかった場所を糸でまつれば出来上がりです。

 

縫い代を1cmとって作ったので、大きさはおよそ縦15×横23cmのランチョンマットが出来ました。

これは、しばらく自宅で眠っていたリバティの布。

f:id:nekotohina:20170215115300j:plain

せっかくなので、同じサイズのものをもう1つ作ってみました。

f:id:nekotohina:20170215121130j:plain

 

トレーと合わせてみます

トレーの中にすっぽりと入る大きさにしなかったので、少し大きめです。

先ほど書いたサイズを参考に、裁断するときの大きさはお好みで調整してくださいね。

f:id:nekotohina:20170215121305j:plain

 

食器を乗せるとこんな感じに

使っている食器は、カップがセリアのフレンチナチュラルシリーズで、楕円形の食器は無印良品の磁器ベージュシリーズのものです。

f:id:nekotohina:20170215121552j:plain

使っている食器は上の写真も下の写真も同じものですが、ランチョンマットが違うだけでこんなにも印象が変わるんですね。

2つ作って良かったです(#^.^#)

f:id:nekotohina:20170215121607j:plain

 

わが家には白い食器が多いので、柄の布とも合わせやすいんですね。

自宅で眠っている布を利用して、もう何枚かランチョンマット作りに励んでみようと思います。

お茶の時間が楽しみになりそうです。

 

スポンサードリンク 

 

 

こちらのトレーも素敵です。 

www.hanatooyatsu.com

www.hanatooyatsu.com