今日のお買い物

100均おすすめ商品や北欧食器、簡単料理、お菓子、本、買ってよかったものなど、暮らしのことを紹介しているブログです。

【化学調味料・保存料・香料不使用】コスモ直火焼のカレー・ルーに変えました。

わが家のカレーが変わりました。

カレーはたまにしか作らないので、これまでは「まあいっか。」とルーの原材料については気にしないできました。

でも今年は外食の機会が減ったためか、作ることが増えたんですね。

野菜やお肉がたくさん入って、いろいろな栄養が一度に摂れるカレー。

おいしくて簡単に作れるので2週間に1回、多いときには週に1回くらいは作っているような気がします。

 

これだけ作るようになると、ルーの原材料もきちんと見てから選んだ方がいいかな…そんな気持ちになりました。

添加物については神経質になりすぎると疲れてしまいますが、これについてははじめに定番のものを選んでしまえばあとは同じものを買い続けるだけなので、そんなに難しいことではありません。

ただ気になるのは、新しいルーの味。

長く使ってきた今までのルーの味に慣れているので新しいものに馴染めるかどうか、美味しいと感じるかどうかというところだと思います。

 

ちなみに今まで使っていたルーの原材料はこんな感じです。

2種類のルーを半分ずつ混ぜて作っていました。

こちらは中辛のルー。

植物油脂(牛脂豚油混合油、パーム油)、小麦粉、砂糖、食塩、でんぷん、カレーパウダー、全粉乳、脱脂大豆、はちみつ、チーズ加工品、玉ねぎエキス、ローストオニオンパウダー、トマトパウダー、オニオンパウダー、ポークエキス、粉乳小麦粉ルウ、バナナペースト、脱脂粉乳、ココア、酵母エキス、トマト調味料、りんごペースト、香辛料、ガーリックパウダー、しょう油加工品、ホエイパウダー、ローストガーリックパウダー、チーズパウダー、トマトエキス/着色料(カラメル、パプリカ色素)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、酸味料、香辛料抽出物、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんごを含む)

 

そしてこちらがもう1つのルーの原材料です。こちらは甘口です。

小麦粉(国内製造)、パーム油、なたね油混合油脂、砂糖、食塩、カレー粉、でん粉、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物(ゼラチン)、ソースパウダー、焙煎香辛料(香辛料、コーン油)、ハーブオイル/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦・大豆・りんご・ゼラチンを含む)

あまり意識したことはありませんでしたが、メーカーや辛さによって使われている原材料も少し違うようです。

スポンサードリンク

 

 

コスモ直火焼のカレー・ルー 

添加物ができるだけ入っていないカレールーを探そう。

そう思っていろいろなカレールーを見比べてみた結果、たどり着いたのが『コスモ直火焼のカレー・ルー』。 

このルーは職人が釜場で時間をかけて練り上げる直火焼き製法で作られ、化学調味料・保存料・香料は一切使用していないそう。

ルーはメーカーによって、また同じメーカーでも商品によって、同じ甘口や中辛でも実際に感じる辛さは違います。

ここのカレールーはどのくらいの辛さかな?

実際に食べてみないとわからないので辛さは今まで通り、甘口と中辛にしてみました。

甘口の りんごカレー・ルーと 

中辛のカレー・ルー

原材料はそれぞれこんな感じです。

まずは甘口のりんごカレー・ルーから。

小麦粉、食用油脂(牛脂、豚脂、植物油脂)、果実・野菜(りんご、トマト、玉ねぎ、にんにく)、カレー粉、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、肉エキス(ポーク、チキン)、ココナッツミルク、酵母エキス/カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・牛肉・豚肉・大豆・りんご・鶏肉を含む)

 

続いて中辛のカレー・ルー。 

小麦粉、食用油脂(牛脂、豚脂、植物油脂)、カレー粉、果実・野菜(トマト、りんご、玉ねぎ、にんにく)、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、肉エキス(ポーク、チキン)、酵母エキス/カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・牛肉・豚肉・大豆・りんご・鶏肉を含む)

 

コスモ直火焼カレー・ルーでカレーを作ってみました。

ルーは変わっても、作り方は今までと同じ。

わが家のカレーはいつもこんな感じで作っています。

①洗って皮をむいた長いも(またはじゃがいも)、にんじん、玉ねぎを適当な大きさに切り、水とブイヨンと一緒にコトコト煮ます。

f:id:nekotohina:20201219132128j:plain

②ある程度火が通ったところで、豚肉を入れます。

細かく切ったものを使うときもあれば、ひき肉にすることも。

③緑の野菜も入れたいときには小松菜や茹でたほうれん草を入れたりします。

④お肉にしっかり火が通り、野菜に竹串がスッと通るくらいの柔らかさになったらいよいよルーです。

f:id:nekotohina:20201216215639j:plain

甘口のりんごカレー・ルーと中辛のカレー・ルーを入れ、ルーが溶けるまで丁寧に混ぜれば完成です。

 

できました!

見た目は今までのカレーと同じ、どこも変わっていないようです。

f:id:nekotohina:20201216215339j:plain

でも食べてみると全然違います。

コスモ直火焼のカレールーはスパイスがすごく効いていてびっくり。

甘口と中辛を1袋ずつ入れて作ったのですが、今までのルーと比べるとかなり辛いんですよね。

食べながら汗が出てくる感じ。

甘口も入っているのにこの辛さということは、中辛だけ、さらに辛口だけで作ったら相当な辛さかもしれません。

食べてみたい気持ちもありますが、わが家ではこの辛さが限界かも?

 

そして気になる味ですが… 

「辛いけど美味しい!」

これが家族みんなの感想でした。

これでホッとひと安心。

これからはこのルーを使っていきたいと思います。

スポンサーリンク

   

 

今回のカレールーもそうですが、どのお店で買い物をするか、同じような商品が並ぶなかでどの商品を選ぶか…こういったことをよく考えるようになりました。

www.hanatooyatsu.com

アラビアの食器『24hトゥオキオ』はカレーを食べるときにもよく使います。

大好きな食器で食べるとより美味しく感じますね(´艸`*) 

www.hanatooyatsu.com

 

 

スポンサードリンク