今日のお買い物

100均おすすめ商品や北欧食器、簡単料理、お菓子、本、買ってよかったものなど、暮らしのことを紹介しているブログです。

セブンプレミアムのカフェラテ。リニューアル後どう変わった?

セブンイレブンの店舗に並ぶ、セブンプレミアムのカフェラテ。

2018年9月のリニューアル後のものを飲んだ感想を書いてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

セブンプレミアムの「カフェラテ」がリニューアル?

容器が変わった?

数か月前にこのブログで紹介したときには、違うパッケージだったセブンプレミアムのカフェラテ。

www.sanpo.hanatooyatsu.com

久しぶりにお店で探してみると、容器が以前のものから中身の見える透明の容器へと変わっていました。また商品名も「ミルクたっぷりカフェラテ」から「カフェラテ」へ。

〈以前のもの〉             〈現在のもの〉

f:id:nekotohina:20181211164244j:plain
f:id:nekotohina:20181211162552j:plain

セブンイレブンのホームページで確認したところ、新しいカフェラテの発売日が2018年の9月24日になっていたので、この頃リニューアルされたようです。

以前の容器と現在の容器、2つの写真を並べてみると個人的には以前のものの方が好みです。

「ミルクたっぷりカフェラテ」のように中のコーヒーが見えない方が、パッと見たときに美味しそうに見えるような気がするんですよね。

味に変化は?

以前のものと現在のもの、2つを飲み比べることは出来ませんが新しいカフェラテを飲んでみたところ、味に大きな違いを感じることはありませんでした。

「ミルクたっぷりカフェラテ」の大ファンだった私。

一時期、週に2~3回は飲んでいたこともあるので、味に変化があればすぐにわかると思います。

でも「やっぱりセブンプレミアムのカフェラテはおいしい!」という以外、何も感じなかったところをみると、中身の大きなリニューアルはなかったのかもしれませんね(この味がとても気に入っているのでここは嬉しいところです)。

セブンプレミアムのカフェラテは甘さが強くなく、コーヒー豆の香りや苦みを楽しみたいという方におすすめです。

 

パッケージの記載内容を比較 

次はパッケージの記載内容を見てみたいと思います。

以前の「ミルクたっぷりカフェラテ」 と現在の「カフェラテ」の原材料等を比較してみると

f:id:nekotohina:20181211170241j:plain
f:id:nekotohina:20181211170336j:plain

以前のものも現在のものも、無脂乳固形分は6.0%、乳脂肪分についても2.4%。 

原材料名も次のとおり、同じ内容になっています。

生乳(50%以上)、コーヒー、砂糖、乳製品

セブン&アイグループとオハヨー乳業株式会社、味の素AGF株式会社の共同開発商品であるという記載も変わっていないところをみると、 やはり味に変化はなさそうです。

 

セブンプレミアム「カフェラテ」のサイズは2つ

セブンプレミアムのカフェラテにはサイズが2種類あります。

f:id:nekotohina:20181211174437j:plain

300mlのものと、240mlのもの。

店舗によっては両方のサイズがおいていない場合もありますが、このように飲みたい量を選べるのは嬉しいですね。

 

ビターショットとダブルクリーミーも!

f:id:nekotohina:20181211174928j:plain

セブンプレミアムのカフェラテには、今回紹介した「カフェラテ」以外にも「ダブルクリーミー」と「ビターショット」があります。

3つの味を飲み比べて、好みのコーヒーを探してみてはいかがでしょう。

 

スポンサーリンク

   

こちらもどうぞ。 

www.sanpo.hanatooyatsu.com

冷凍庫にストックしておくと、いざというとき安心な「極上炒飯」です。

www.sanpo.hanatooyatsu.com

ブログ「100均さんぽ」もどうぞ。

www.hanatooyatsu.com